水道救急センターだからできる鮮やかなトラブル解決事例

自分で修理できない水道トラブルは水道救急センターにヘルプ
プロだから出来る!水道修理事例を見れば水道救急センターの凄さが分かる
水道トラブルを未然に防ぐ方法は~使い方を見直す~

プロによる水道修理事例を見てみる

水道救急センターなどプロの業者に依頼するとどうやってトラブルを解決するのか、トラブルの原因と一緒に見ていきます。

水道の逆流

原因
配水管の汚れが蓄積すると、水が流れなくなってしまいます。悪臭などの原因にもなるため、定期的にお掃除しましょう。大きなゴミを流さないように三角コーナーを活用するなど、キッチン環境を整える工夫も重要です。
対策
ラバーカップで大きなゴミを取り除いた後に、業務用薬剤を使ってパイプの中をきれいにします。市販のパイプクリーナーなどでも定期的に使って汚れを溶かして落とすと、ゴミが溜まりにくくなります。シンクのふたを取り外したところに専用洗剤を入れて、規定の時間だけ放置した後に流します。汚れがかたまってしまうとなかなかとれないので、定期的なお掃除が重要です。週に1度を目安にパイプを掃除、流しの詰まりを防いでいきます。

洗濯機からの水漏れ

原因
洗濯機の排水ホースつなぎ目から水漏れしている場合には、接合部分の部品の劣化が考えられます。新しい部品と交換するなどトラブルを起こした部品を調整すると直ることが多いので、洗濯機自体を買い替える必要はありません。
対策
劣化したパッキンを交換することで水漏れが解消されて、通常通りに洗濯できるようになります。定期的にメンテナンスしていくとトラブル防止ができるので、専門業者に相談しましょう。水漏れする前に対処することでカビ汚れの心配がなく、洗濯機周辺を衛生的に維持できます。水漏れしたまま放置すると重大な事故につながるリスクがあります。部品は消耗品のためどうしても劣化していくものなので、トラブルに気付いたらすぐ相談するようにしてください。

トイレの詰まり

原因
トイレットペーパー以外の紙を使ったりお掃除シートを一度にたくさん流したりすると、パイプ詰まりを起こします。タンクにペットボトルを入れたり節水対策をしたりするのも、水の勢いが足りず途中で詰まる原因になります。
対策
ローポンプを使って詰まったものを全て流し、トイレ詰まりを解消します。溶けにくい素材の紙やトイレットペーパー以外のものを流すと途中で詰まりやすいことを説明し、使い方を改善します。水量が足りないこともトイレ詰まりの原因になりやすいので、節水のためにタンクの中にペットボトルを入れている方は外しましょう。それでも詰まってしまったらラバーカップで対処できるケースがあるので、トラブル対策グッズを用意しておくと安心です。

まとめ

水廻りのトラブルにはいろいろな原因が考えられるので、専門知識が必要です。自己判断で対処しないで、修理業者に相談しましょう。

水漏れを発見した際の対処法

水漏れトラブルが起こると動揺しがちですが、応急処置をしたうえで業者に連絡すれば修理できます。被害を最小限におさえて迅速に対処するための対応策を見てみましょう。古い物件にお住まいの方はトラブルが起きやすいので、正しい処置を知っておくと安心です。

応急処置に最適な対処法

止水栓を締める
止水栓とはお手洗いの元栓のことで、壁からタンクに向かって「く」の字に曲がってついています。この部分をマイナスドライバーで閉めると水が一旦停まるので、業者が来るまでの応急処置に活用できます。古いタイプのお手洗いだとハンドル式になっていますが、右にまわすと締ります。水漏れが起こっているときに水を流したままだと周囲が水浸しになってしまって、被害がどんどん広がります。止水栓を締めて漏れ出す水をストップし、被害拡大を防ぎましょう。
ラバーカップで対処する
ラバーカップがあれば排水溝に押し付けて、思い切り圧力を掛けましょう。何度か繰り返して詰まりがとれたような感覚があれば、バケツの水を流します。汚れた水が飛び散ってしまうこともあるため、ビニール袋などでカバーします。無理に水を押し流す必要はなく、詰まり被害を阻止するのが先決です。賃貸物件にお住まいでラバーカップがない場合は、管理人さんに相談してみましょう。持っておくと便利なので、ホームセンターなどが近くにあれば、買ってくるのも一案です。

絶対にやってはいけない誤った対処法

金属など固い器具を使用する
お手洗いにコインや携帯電話などを落としてしまった場合、道具を使って拾います。金属製のトングなどかたい用具を使う場合はやや注意が必要で、周囲を傷つけてしまうケースがあります。扱いに慣れない道具は使用を控えるのが鉄則ですので、すぐに業者に依頼しましょう。何度も水を流すと配管の奥に入ってしまうため、業者到着まで放置します。
お湯を流す
紙が詰まったときに熱湯で溶かそうとしても、なかなかうまくいきません。便座が割れてしまったり故障トラブルの原因になったりするので、沸騰したお湯は控えましょう。どうしても水を流したいなら、ある程度温度が下がったものを使ってください。また、トイレメーカー指定のお掃除方法をよく読んで、正しいお手入れを意識しましょう。

トラブルに備えておくことが大切

水道作業のイラスト

住宅設備のトラブルはいつ起こるか分からないので、水道救急センターなどすぐに相談できる業者の連絡先を控えます。事故が起こってしまったらどこに電話するか控えておくと、困ったときに助かります。賃貸物件に入ったとき、管理人さんにあらかじめ聞いておくのも良いでしょう。対応エリアによってはすぐにお願いできないケースもあるので、引っ越しした際には連絡先一覧を持っておくといいです。さらに、定期的なメンテナンスをお願いするとトラブル防止につながり、快適な住まい環境を維持できます。

TOPボタン